【正しい歩き方講座】かかとから足をつくとひざや腰への負担が減ります!

【正しい歩き方講座】かかとから足をつくとひざや腰への負担が減ります!

こんにちは、だいじろうです!

 

歩くときって何か意識されてますか?

 

何かを意識して歩かれている方って少ないと思います。

 

もちろん「歩く」という動きは無意識に行われるものなので、意識しないことが普通です。

 

ただ、健康のためには何かを意識して歩く時間を作るのも大切です。

 

今回は、ひざや腰への負担を減らすための歩き方について解説していきます。



歩くときに一番衝撃が強いのは足を地面につくとき!

歩くときに一番衝撃が強いのは足を地面につくとき!

歩くという動きのなかでカラダに一番大きな衝撃が加わるのが「足を地面につくとき」です。

 

この衝撃をうまく吸収できるかどうかでカラダへの負担が大きく変わってきます。

 

とくにひざや腰が痛くなる方はこの衝撃吸収がうまく出来ていないことが多いです。

 

そして、ひざや腰に痛みが出ると痛みをかばおうとしてそっと足をつこうとしてしまいます。

 

それによって、またひざや腰に負担かかってしまい、悪循環になっているケースもよくあります。

 

では、足をつくときにはどうしたらいいのでしょうか?



足をつくときにはかかとから足をつくようにしましょう!

足をつくときにはかかとから足をつくようにしましょう!

足をつくときにはかかとからつくようにしましょう!

 

先ほど書いた衝撃吸収がうまく出来ていない方は、かかとからじゃなくて足裏全体で足をついています。

 

もしくはかかとからついたとしてもペタッとすぐに足裏をついてしまいます。

 

実はこのかかとから足をついて足裏全体をつくまでの間にカラダは衝撃を吸収しているんです。

 

その間が無かったり、短かったりするとうまく衝撃吸収ができずに、ひざや腰が痛くなります。

 

なので、その衝撃吸収する時間をしっかりと保つためにもかかとから足をつくようにしてみてください。

 

そして、かかとをついた後に足がペタッと音がならないようにしましょう。

 

そうすることで、ひざや腰への負担も減って、楽に歩けるようになります!

 

さらに言えば、かかとから足をつこうと意識すると、自然とつま先が上に上がりますよね?

 

そうなるとすり足のように足をすって歩くこともなくなりますし、ちょっとした段差につまづくことも少なくなります。

 

安全に歩けるようにもなるので、ぜひかかとから足をつくように意識してみてくださいね。



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です