【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント

【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント

こんにちは、だいじろうです!

 

健康のために仕事帰りに運動されてる方も多いんではないでしょうか?

 

そして、健康のことが気になるから、運動を始めたいと思ってる方も。

 

仕事をされてる方などは、仕事帰りにジムでトレーニングしたり、公園などのランニングしたりすることがあると思います。

 

今回は、仕事帰りに運動するときの注意点についてお話します。



【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント

【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント

最近では健康のために仕事帰りにジムなどで運動される方も増えてきています。

 

せっかく健康のために運動しても、その方法が間違っていたら逆効果になってしまいます

 

正しい方法で運動して健康的なカラダを手に入れてくださいね!

 

本記事の内容●運動前:空腹で運動することのないよう、補食をとりましょう
●運動前:仕事中の偏ったカラダの使い方をリセットするためにストレッチを入念に
●運動後:筋肉をつけたい場合はタンパク質を多めにとりましょう

 


運動前:空腹で運動することのないよう、補食をとりましょう

運動前:空腹で運動することのないよう、補食をとりましょう

仕事帰りに運動するときには空腹で運動することのないように補食をとることが大切です!

 

補食としては、おにぎりやパン、ウィダー系がオススメです。

 

仕事帰りに運動するとき、お昼ご飯を食べてから6~7時間経っているかと思います。

 

前回の食事からそれだけ時間が経っているということは、カラダを動かすエネルギー源がなくなっている状態。

 

エネルギー源が足りない状態で運動することはカラダにとってよくありません。

 

カラダを動かすエネルギー源は炭水化物です。

 

その炭水化物が足りていない状態で運動してしまうと、カラダは筋肉を分解してエネルギー源に変えてしまいます。

 

つまり筋肉をつけるために運動していたとしても、エネルギー源が足りない状態で運動してしまうと、逆に筋肉の量が減ってしまうかもしれないということです。

 

筋肉の量が減ってしまうということは基礎代謝量も減るので、やせにくいカラダになります。

 

運動しているけど思うように結果が出ない方は「補食」を見直してみてもいいかもしれませんね!



運動前:仕事中の偏ったカラダの使い方をリセットするためにストレッチを入念に

運動前:仕事中の偏ったカラダの使い方をリセットするためにストレッチを入念に

仕事帰りに運動する場合には、とくにストレッチを入念にされることをオススメします。

 

仕事の内容にもよりますが、多くの場合、仕事中のカラダの使い方って偏ってますよね?

 

仕事中にあまり使わない筋肉は働きにくい状態ですし、同じ姿勢で過ごすような仕事であれば、縮こまった筋肉もあります。

 

つまり仕事のあとには筋肉の働きのバランスがくずれた状態になっています。

 

その状態で運動を始めてしまうと、バランスの悪い動きになってしまい、関節や筋肉を傷めてしまうかもしれません。

 

健康のためにやる運動ですので、安全に行うためにもストレッチをやるようにしてくださいね!



筋肉をつけたい場合はタンパク質を多めにとりましょう

筋肉をつけたい場合はタンパク質を多めにとりましょう

運動後にはタンパク質を多めにとることも大切です!

 

強度にもよりますが、運動をすると筋肉を傷めることになります。

 

カラダはその筋肉の傷を治すときにより強く治そうとします。

 

その作用によって筋肉は強く大きくなっていきます。

 

筋肉を治そうとするときにタンパク質が使われます。

 

運動後にタンパク質を多めにとることでより筋肉の量は増えやすくなります。

 

運動後の栄養摂取にも気をつけてみてくださいね。



【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント【まとめ】

【理学療法士が解説】仕事帰りに運動するときに気をつけるべき3つのポイント【まとめ】

 

本記事のまとめ●運動前には炭水化物の補給を!
●運動前にはストレッチを入念に!
●運動後にはタンパク質の補給を!

 

健康的なカラダは仕事のパフォーマンスにも良い影響を与えると言われています。

 

もちろんケガや病気の予防も期待できます。

 

正しいやり方で運動の習慣をつけていって、健康的なカラダを手に入れていきましょう!

 


シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です