【書籍紹介】ONE PIECE OF PAPER マッキンゼー式紙一枚で「自分の強み」を見つける技術

【書籍紹介】ONE PIECE OF PAPER マッキンゼー式紙一枚で「自分の強み」を見つける技術

こんにちは、だいじろうです!

 

今回は「ONE PIEACE OF PAPER マッキンゼー式紙一枚で『自分の強み』を見つける技術」という書籍を紹介します。

 

 

「マッキンゼー」という言葉を聞いたことありますか?

 

マッキンゼーとはマッキンゼー・アンド・カンパニーというコンサルティング会社のことで、自己啓発本などでよく見聞きする言葉です。

 

本書ではマッキンゼーで活用されている「自分の強み」を見つける技術について、ワーク形式で解説されてあります。

 

タイトルのとおり、「自分の強み」を見つけたい方はぜひご一読ください!

 

 

【書籍紹介】ONE PIEACE OF PAPER マッキンゼー式紙一枚で「自分の強み」を見つける技術

【書籍紹介】ONE PIEACE OF PAPER マッキンゼー式紙一枚で「自分の強み」を見つける技術

本書では「自分の強み」を見つける技術についてワーク形式で解説されてあります。

 

大きな枠組みとしては

▶モチベーションの源を見つける
▶自分自身を定義する
▶判断基準をつくる
▶逆境を乗り越えるための支え
▶主体性を発揮する
▶仕事の水準を示す
▶組織のビジョンを描く
▶自由に発送する
▶最高の決断をする
▶スタイルを確立する
▶相手を知る
▶現場を理解する
▶適切なフィードバック
▶ライフバランスを手に入れる
▶平静を取り戻す
▶自分の時間

があり、それぞれの枠組みについての質問への答えを考えていくことで、「自分」が見えてきます。

 

書籍のなかでは、普段、とくに考えずにやっている行動について、「なんでそうしてるの?」と聞かれます。

 

その問いに答えていくと、改めて「自分がなんでそういう行動をしているのか」について考えるようになります。

 

自分の強みを理解していくと、日頃の判断基準や行動指針が明確になってくるので、いろんなことが楽になってきます。

 

なかなか考える機会もないかと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です