【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?

【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?

こんにちは、だいじろう(@idoco_daijiro)です!

 

足首やひざをひねったときなどに「じん帯損傷」という診断がつくことがあるかと思います。

 

じん帯損傷って分かります?

 

じん帯損傷は治るものと治らないものとに分けられ、治らないものは手術が必要になったりします。

 

治るものに関しては基本的には手術は必要ないのですが、治療のなかでの注意点を守っておかないときちんと治らないこともあります。

 

なので、じん帯損傷について理解しておくことはとても大切なんです。

 

というわけで、今回は「じん帯損傷」について解説していきたいと思います。

 

【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?

【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?

じん帯損傷はケガの中でも身近なケガだと思います。

 

そんなじん帯損傷について詳しく知っておいてもらえれば、治療もスムーズになります。

 

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

本記事の内容●そもそもじん帯って何?
●じん帯損傷はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます
●じん帯損傷の治療は手術とリハビリです

 

そもそもじん帯って何?

そもそもじん帯って何?

じん帯損傷について知ってもらう前にじん帯というものについて知ってもらうことが大切です。

 

じん帯は関節をまたいで骨と骨を結んでいる組織です。

【カラダの教科書】じん帯ってよく聞くけど、結局どんな役割してんの?【じん帯の役割と診断・治療】

【カラダの教科書】じん帯ってよく聞くけど、結局どんな役割してるの?【じん帯の役割と診断・治療】

2019年10月24日

 

伸び縮みしないバンド状のもので、関節が必要以上に動きすぎないようにしてくれているものです。

 

そのじん帯のおかげで、関節は正しい動きができるようになります。

 

じん帯損傷とは関節に無理な動きが強いられてじん帯が伸ばされて傷ついてしまった状態。

 

その傷の程度によってⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます。

 

じん帯損傷はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます

じん帯損傷はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます

じん帯損傷はその重症度によってⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます。

 

まずⅠ度の損傷は微細損傷と言われ、じん帯損傷のなかで一番軽いものです。

 

じん帯が伸ばされてるけど、軽く炎症が起こってるだけで、傷ついたりしているわけではない状態です。

 

とくに傷がついているわけではないので、内出血などはみられません。

 

次に重症なのはⅡ度の損傷です。

 

Ⅱ度の損傷は部分断裂と言われ、じん帯が伸ばされたときに、部分的に傷ついている状態です。

 

部分的ですが傷がついているので、内出血がみられますし、Ⅰ度と比べると腫れも強くなります。

 

じん帯損傷のなかで一番重症なのがⅢ度の損傷です。

 

Ⅲ度の損傷は完全断裂と言われ、じん帯が完全に切れてしまっている状態です。

 

じん帯が完全に切れてしまっているので、腫れや内出血もひどく、痛みも強く出てきます。

 

じん帯損傷の治療としては手術とリハビリがあります。

 

それがこの重症度によって変わってきます。

 

じん帯損傷の治療は手術とリハビリです

じん帯損傷の治療は手術とリハビリです

じん帯損傷の治療としては手術とリハビリがあります。

 

Ⅰ度やⅡ度の損傷では手術はせずにリハビリがメインになりますし、Ⅲ度では手術が必要となることがあります。

 

詳しく言えば、足首のじん帯などは手術しなくてもいいとも言われてしますし、ひざの前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)は手術しないと治りません。

 

逆に後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)などは、じん帯が切れていても手術しないでいいケースがほとんどです。

 

もちろん治療方法は医師と相談して決めていく必要がありますが、知っておいてもらうことは大切かと思います。

 

【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?【まとめ】

【ケガ/じん帯損傷】じん帯損傷って言われたけど、どんなケガなの?【まとめ】

 

本記事のまとめ●じん帯は関節を安定させて、正しく動かしてくれるもの
●じん帯損傷は重症度によってⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられる
●じん帯損傷の治療は手術とリハビリ

 

じん帯損傷はケガのなかでもよく経験するものだと思います。

 

そのじん帯損傷についてある程度知っておいてもらうことは大切です。

 

本記事を参考にして、じん帯損傷について覚えておいてくださいね。

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です