【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?

【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?

こんにちは、だいじろうです!

 

ひざが痛くて整形外科に行ったけど、「安静にしなさい」って言われただけで何もしてくれなかったという経験ありませんか?

 

安静って言われても、仕事があったり、学校があったりで、難しいですよね。

 

なんで安静にする必要があるのか?

 

関節が腫れていたり、熱をもっていたりする場合に「安静にしなさい」と言われるケースが多いと思います。

 

もちろんこれ自体は間違ったことじゃないんですが、患者さんには分からないですよね。

 

今回はその「ひざが痛いときの安静」について解説していきます。



【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?

【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?

実は、この相談は先日の健康教室のときに実際に受けた内容なんです。

 

「歩き過ぎ。歩くのを控えなさいと言われた」と。

 

でも、それだけじゃ良くならないので、その理由と対策について解説していきます。

 

本記事の内容●ひざの痛みの原因は筋力が弱くて関節が炎症を起こしているからです。
●痛くて歩けない・かばって変な歩き方になる場合はあまり歩かない方が良いです。
●体重をかけないでできる運動を積極的にやりましょう!



ひざの痛みの原因は筋力が弱くて関節が炎症を起こしているからです。

ひざの痛みの原因は筋力が弱くて関節が炎症を起こしているからです。

ひざが痛くて整形外科を受診したら「炎症を起こしてる」って言われませんか?

 

「炎症を起こしているから、安静にしておきなさい」と。

 

たしかに安静にしてたら炎症は落ちつくと思います。

 

ですが、その後、動いていくとまた炎症を起こしてひざが痛くなる方が多いです。

 

それはひざが炎症を起こしている原因が「筋力が弱くなっている」からなんです。

 

筋力が弱くて、ひざの関節に負担のかかる動き方になってしまっているんですね。

 

そんなときに安静にしたとしても、一時的に痛みは和らぐかもしれませんが、また痛くなってしまいます。

 

運動をして筋力をつけていくことが大切です!



痛くて歩けない・かばって変な歩き方になる場合はあまり歩かない方が良いです。

痛くて歩けない・かばって変な歩き方になる場合はあまり歩かない方が良いです。

とは言え、痛いときに歩いたりはできませんよね?

 

もちろん痛くて歩けないとか、かばってしまって変な歩き方になってしまうのであれば、無理に歩くのは良くありません。

 

積極的に歩くよりも、関節を冷やしたりして安静にした方が良い時期になります。

 

そして炎症が落ち着いて痛みが軽くなってから歩いたりすることをオススメします。

 

じゃあ、結局安静なの?

 

こういった時期には歩いたりするよりも体重をかけずに運動することが大切です!



体重をかけないでできる運動を積極的にやりましょう!

体重をかけないでできる運動を積極的にやりましょう!

ひざの痛みが強くて歩けないときでも、じっと安静にするだけではもったいないです。

 

体重をかけずにできる運動を積極的にやることをオススメします!

 

寝た状態や座った状態でできるような運動をすることで、ひざ以外のところの筋力をつけていくことができます。

 

先ほども書いたように、ひざが痛くなるのは正しい歩き方をするために必要な筋力がないから。

 

それを身につけるためにも運動をして筋力をつけていくことが大切です。

 

ひざが痛いという方は、ただ安静にするだけじゃなく、寝てできる運動や座ってできる運動をやってみてくださいね!



【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?【まとめ】

【健康相談】ひざが痛くて整形外科に行ったけど「安静にしなさい」って言われただけでなにもしてくれませんでした。どうしたらいいですか?【まとめ】

 

本記事のまとめ●ひざの痛みが強いときは無理に歩かない方が良い時期があります。
●寝てできる運動や座ってできる運動を積極的にやりましょう!

 

こういった内容は本当は整形外科のリハビリで習うものなんですが、それを教えてもらえないところもまだまだ多いかと思います。

 

もちろんひざの痛みといってもいろんな痛みがありますので、一概に「この運動をやりましょう!」とは言うことは出来ません。

 

ひざの痛みやカラダの状態と向き合いながら運動をやってみてください。

 

もし運動の仕方が分からなければ、リハビリの専門家に相談することもオススメします。

 

もちろんいどこくらぶでもそういった相談に対応しています。

友だち追加

気兼ねなくご相談くださいね!



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です