【ひざ/チェック】ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きが大切です!

【ひざ/チェック】ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きが大切です!

こんにちは、だいじろうです!

 

ひざの痛みでお困りの方も多いかと思います。

 

今回はひざの痛みを和らげるためのポイントについて解説していきます。




【ひざ/チェック】ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きが大切です!

【ひざ/チェック】ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きが大切です!

結論から言うと、ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きをそろえることが大切です。

 

単純なことのように聞こえますが、意外とひざとつま先の向きがそろっていない人が多いです。

 

ぜひご自身のひざとつま先の向きを確認してみてください。

 

本記事の内容●ひざの向きは太ももの向きを参考にしましょう
●つま先の向きは人差し指の向きを参考にしましょう
●ひざとつま先の向きをそろえることが大切です




ひざの向きは太ももの向きを参考にしましょう

ひざの向きは太ももの向きを参考にしましょう

ひざの向きは太ももの向きを参考にしてください。

 

「ひざの向き」と言ってもわかりにくいかと思います。

 

自分で確認するときには太ももの向きを参考にしてみてください。

 

実際に確認してみると、ひざが内側を向いていたり、外側を向いていたりするかと思います。

 

そしてその向きが自分のなかで「まっすぐ」だったりするので、意識しないとなかなか改善しません。

 

日頃の動きのなかでも意識して気をつけてみてください。




つま先の向きは人差し指の向きを参考にしましょう

つま先の向きは人差し指の向きを参考にしましょう

つま先の向きは人差し指の向きを参考にしてください。

 

多くの方がつま先の向きは気にされていないかと思います。

 

実際に動きをみているとつま先が外を向いている方が多いです。

 

ぜひつま先の向きとして人差し指の向きを気をつけてみてください。




ひざとつま先の向きをそろえることが大切です

ひざとつま先の向きをそろえることが大切です

ひざとつま先の向きを確認してきました。

 

ひざとつま先の向きが違う向きになってしまうと、ひざがねじれてしまいます。

 

このひざのねじれがひざの痛みの原因になっていることが多いです。

 

ですので、ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きをそろえることが大切です。

 

とくにひざが内側を向いて、つま先が外側を向いていることが多いかと思います。

 

普段の動きのなかで気をつけるのは難しいので、スクワットのように体重をかけてやるエクササイズなどで気をつけてみてくださいね。




【ひざ/チェック】ひざの痛みを和らげるためにはひざとつま先の向きが大切です!【まとめ】

ひざとつま先の向きをそろえることが大切です

 

本記事のまとめ●ひざの向きは太ももの向きを参考にしてください
●つま先の向きは人差し指の向きを参考にしてください
●ひざとつま先をそろえてひざの痛みを和らげましょう

 

「ひざとつま先の向きをそろえる」という単純なことですが、ひざの痛みを和らげるためにはとても効果的です。

 

普段、なかなか気にしない部分だと思いますが、大切なことなので気をつけてみてくださいね!




シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です