『IDOCO』にはいろんな意味をこめてます!

鹿児島市名山町のコンディショニングスペースIDOCOの名前の由来

こんにちは!だいじろうです!

 

今回は、コンディショニングスペース『IDOCO』のネーミングに込めた想いを語っていきたいと思います。

 

実はIDOCOには次のような4つの意味をこめています!

 

IDOCOに込めた想い
●いつでもどこでもコンディショニング
●I do conditioning
●何処
●I-DO-CO

 

ここではそれぞれの意味について説明していきたいと思います。

 

あぁ〜、IDOCOってこんな意味なんだね〜くらいのスタンスで読んでいただけると嬉しいです!

 

 

いどこ=『いつでもどこでもコンディショニング』

いつでもどこでもリハビリテーション

ここ数年で「リハビリ」という言葉をよく耳にするようになったと思います。

 

たぶん、ご自身やご家族の方がリハビリを受けた経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

超高齢社会にむけて、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ専門職が多くの医療機関に勤めるようになり、「リハビリ」が身近なものになってきたのかなと思います。

 

わたしは整形外科クリニックで12年間リハビリ業務をおこなってきました。

 

その経験のなかで

『ある程度の運動習慣があれば痛くならずに済んだのにな。。。』

『家で自主トレが十分にできれば、もっと動きやすくなるのに。。。』

と、もどかしい思いをよくしました。

 

ケガや病気になってから専門家にみてもらうケアを「リハビリ」とするなら、専門家にアドバイスをもらいながらカラダのメンテナンスや痛みや不調に対処していき、ケガや病気にならないようにすること、ケガや病気になったとしてもひどくならないようにすることを「コンディショニング」と言います。

 

いつでもどこでも「コンディショニング」に取り組んでもらえるようにしたいという想いか「『い』つでも『ど』こでもセルフ『コ』ンディショニング」頭文字をとり、『IDOCO(いどこ)』という名前にしました!

 

なので、IDOCOでは、痛みや身体の不調で困ってる方々が「いつでも、どこでも、コンディショニングができる」ように、専門的な情報をわかりやすくまとめていきたいと思ってます!

 

ぜひ、日頃からのカラダのメンテナンスとしてコンディショニングを取り入れてみてください!

 

 

IDOCO=『I do conditioning』

IDOCO=Idoconditioning

先ほども書いたように、わたしは整形外科クリニックで12年間勤めてきました。

 

そのなかで「思った以上に良くなる患者さん」「なかなか良くならない患者さん」とがいらっしゃいました。

 

どんな違いがあるのかな〜とわたしなりに考えてみたところ、大事なのは『自立・自律』でした。

 

思った以上に良くなる患者さんは「自分で良くなろう」という意識をもって治療・リハビリに取り組まれている方が非常に多いです。

 

逆になかなか良くならない患者さんは「治してもらおう」という受け身の姿勢なんですね。

 

なので、IDOCOでは、コンセプトの一つとして『自立・自律』を挙げています。

 

『I do conditioning』

 

つまり「わたしはコンディショニングに取り組む=セルフコンディショニング」という自分で良くなろう・変わろうという自立・自律の意識をもってもらうことを大切にしていきたいと考えています。

 

この言葉から『IDOCO』という名前がきています。

 

IDOCOは、そのセルフコンディショニングをより安全で、より効率的・効果的におこなえるようサポートしていく場にしていきます!

 

あくまでも主役はクライアントさんということですね!

 

 

 

IDOCO=いどこ=『何処』

IDOCO=いどこ=何所

『いどこ』の意味を調べてみると…

いどこ【<何処>・<何所>】
不定称の指示代名詞。不定の場所を表す。どこ。
ー三省堂 大辞林

「不定の場所」です。

 

この『IDOCO』が誰かの居場所になったらいいなーと思ってます。

 

人が生活していく上で必要なもので『衣・食・住』がありますが、日本では大多数の方が満たされてると思います。

 

でも、日本人の幸福度はそれほど高くないってよく聞くのはなんでなんだろう?って考えたんです。

 

そんな時、病院とかで患者さんと接していて、「心の拠りどころ」が必要な時代なんだなーと感じました。

 

そして、それって「居場所」なんだよなーと!

 

なので、この『IDOCO』は、利用してくださる方や記事を読んでくださる方の「心の拠りどころ」「居場所」になれるような店舗・サイトにしていきたいなぁと思っております!

 

 

IDOCO=『I-DO-CO』

IDOCO=I-DO-CO

最後の意味です!

 

IDOCOを分解すると『I-DO-CO』になります。

 

『CO』には「共に・一緒に」という意味があるので、IDOCOには「わたし(だいじろう)が一緒に悩みを共有し、目標に向かって進んでいく」という意味をこめています。

 

ちょっと鬱陶しいかもしれませんが、わたしと一緒にカラダを改善させていき、楽しく動けるようコンディショニングしていきましょう!

 

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です