【再確認】熱中症の症状とその対処法【我慢せずに休むようにしましょう】

【再確認】熱中症の症状とその対処法【我慢せずに休むようにしましょう】

こんにちは、だいじろうです!

 

今回は熱中症の症状とその対処法についてまとめていきたいと思います。

 

熱中症は不意に遭遇するもので、だれもがその症状や対処法を知っておいた方が良い疾患です。

 

いつ目の前の人が熱中症になるかも分からないので、ここで確認をしておきましょう!



熱中症の症状とその対処法

熱中症の症状とその対処法

熱中症は熱失神(ねつしっしん)や熱けいれん、熱疲労(ねつひろう)、熱射病(ねっしゃびょう)などをまとめた病名になります。

 

その症状は重症度によってさまざまで、原因としては環境によるものとカラダの状態によるものがあります。

 

それぞれの症状と原因、対処法についてまとめていきます。

 

本記事の見出し

●熱中症の症状:熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病

●熱中症はなぜ起こる?

●熱中症が疑われたときの対処法



熱中症の症状:熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病

熱中症の症状:熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病

熱中症の症状として、熱失神や熱けいれん、熱疲労、熱射病などがありますが、ここでは分かりやすく「軽度」「中度」「重度」の分類で説明していきます。

 

軽度

軽度の熱中症では、大量の汗をかいて、体内の水分・塩分が失われます。

 

そのため、めまいや立ちくらみを起こし、失神することもあります。(熱失神)

 

これは一時的に脳への血流が保てなくなることで生じる症状とされています。

 

また、筋肉では「こむら返り」が起こります。(熱けいれん)

 

「足がつる」状態ですね。

 

これは汗をかいたことで体内の塩分が失われたことで生じます。

 

軽度の場合は、症状が出ることではじめて周りが気づくことができます。

 

中度

中度になると、頭痛や吐き気、気分不良を訴えはじめます。

 

実際に吐いてしまったり、倦怠感(だるい)・虚脱感(力が入らない)といった症状も。

 

いわゆる熱疲労の状態です。

 

中度では、ぱっと見た感じで、いつもと様子が違うので、周りも気づきやすいかと思います。

 

重度

重度になると、意識障害や全身のけいれんが生じたり、手足をうまく動かせなかったりします。

 

呼びかけや刺激への反応もおかしくなる状態で、熱射病と呼ばれていたものです。

 

体温がかなり上昇しているのも特徴です。

 

もちろん熱中症にならないよう配慮することが大切ですが、もし熱中症が起こったとしても軽度の症状で気づいて対処することも重要です。

 

一番分かりやすいのは「汗の量」だと思います。

 

自分では気づきにくいので、周りから見て「いつもよりめっちゃ汗かいてない?」と思ったら熱中症になるリスクがあります。

 

そういった場合には、日かげで休ませたり、水分補給をすすめるようにしてください。



熱中症はなぜ起こる?

熱中症はなぜ起こる?

対処法について確認する前に、「なぜ熱中症が起こるのか?」について学んでいきましょう!

 

先ほども述べたように、熱中症の原因としては「環境によるもの」と「カラダの状態によるもの」とがあります。

【環境によるもの】
●気温や湿度が高い
●風が弱い
●日差しが強い
●大会や試合など緊張する場面

【カラダの状態によるもの】
●激しい運動などでたくさん汗をかいた
●暑さにカラダが慣れていない
●疲れや寝不足、病み上がりなどで体調がすぐれない

熱中症とは簡単に言えば「体温を調節することができなくなった状態」。

 

環境によるものとカラダの状態によるものが合わさると体温調節がうまくできなくなり、熱中症になってしまいます。

 

最近では環境として熱中症となる危険度が高い場合は、天気予報やニュースでも呼びかけてくれますので、参考にしていきましょう!

 

カラダの状態によるものについては自分で気をつけることが一番です。

 

体調がすぐれないときなどは、無理をせず、休むようにしましょう。

 

また普段から正しい水分補給ができていなかったりすると、慢性的な脱水状態になっている場合があります。

 

この場合は症状として分かりづらいので、普段から水分補給を気をつけるようにしてください!



熱中症が疑われたときの対処法

熱中症が疑われたときの対処法

では、熱中症が疑われたときにどう対処したらよいかを確認していきましょう!

【熱中症が疑われたときの対処法】
●日かげで涼しい場所で休む
●衣服をゆるめる・脱がす
●水分補給をする(できれば経口補水液を)
●首・わき・肘・手首・脚の付け根・膝の裏・足首などをアイシングする
●霧吹きなどでカラダの表面に水をかける

軽度や中度の熱中症ではこういった対処法が推奨されています。

 

中度の熱中症で自分で水分補給ができないような状態の場合や重度の症状が出ている場合はすぐに医療機関へ搬送するようにしてください。

 

スポーツ現場では「軽い熱中症くらい我慢しろ!気合で乗り越えろ!」などといった意見も…

 

残念ながら熱中症は大量の発汗にともなうカラダの中の生理学的な病的な反応ですので、気持ちではどうにもなりません。

 

そこを無理させてしまうと重度の熱中症になり、命にかかわることもあり得ます。

 

とくにスポーツにかかわる選手、保護者、指導者の方々には理解していただきたいところです。



まとめ

【再確認】熱中症の症状とその対処法【我慢せずに休むようにしましょう】まとめ

今回の内容をまとめます。

●熱中症は汗を大量にかいたことによって体温調節がうまくできなくなった状態
●いつもより大量に汗をかいているときには要注意!
●熱中症が疑われた場合にはとにかくカラダを冷やしましょう。
●水分補給ができない場合や重度の熱中症の場合は医療機関へ!

何度も言いますが、熱中症は命にかかわる危険な症状です!

 

病態について正しく認識してもらい、適切な対処法を覚えておいてください。

 

大切な人が、いつ、どこで、目の前で熱中症で倒れるかわからないので。

 

↓↓↓熱中症について学べる超オススメのサイト↓↓↓

『熱中症ドットコム』



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です