扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?

扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?

こんにちは、だいじろうです!

 

扁平足(へんぺいそく)って聞いたことありますよね?

 

足の土踏まずがつぶれた状態のことを扁平足といいます。

 

扁平足という言葉は結構知られているんですが、扁平足がカラダにどう影響するかはあまり知られていないような気がします。

 

今回は、扁平足がカラダにどう影響するのかについて解説していきます。



扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?

扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?

先ほども書いたように、扁平足は足の土踏まずがつぶれた状態のことを言います。

 

足の力がうまく働けなくなるので、歩き方が悪くなったり、ひざや腰の痛みの原因になったりします。

 

実際にクライアントさんのカラダをチェックしていても、扁平足自体が痛みや不調の原因となっている方も多くいらっしゃいます。

 

痛みや不調を改善させていくためにもまず扁平足について解説していきます。

 

本記事の内容●扁平足とは足の土踏まずがつぶれた状態です
●扁平足になると歩き方が悪くなります
●扁平足がひざや腰の痛みの原因になることもあります



扁平足とは足の土踏まずがつぶれた状態です

扁平足とは足の土踏まずがつぶれた状態です

足には土踏まずというアーチ状のつくりがあります。

 

この土踏まずはじん帯や筋肉で支えられています。

 

ケガの後遺症だったり、靴が合ってなかったりがあると、じん帯や筋肉がうまく働かなくなります。

 

そうすると、骨の並びがくずれてしまい、土踏まずがつぶれてしまいます。

 

この土踏まずがつぶれてしまった状態を扁平足と言います。

 

扁平足になることで、さらに筋肉が働きにくくなるので、カラダにいろんな影響が起こってきます。



扁平足になると歩き方が悪くなります

扁平足になると歩き方が悪くなります

足には力を地面につたえて、カラダを動かしていく役割があります。

 

扁平足では、足の筋肉がうまく働かなくなり、力をうまく地面につたえることができなくなります。

 

歩くときには、かかとから小指側に体重が乗り、そのあと親指の付け根に体重が移動して親指側から蹴り出していきます。

 

扁平足になるとこの重心の移動がうまくできなくなり、歩き方も悪くなってしまいます。

 

とくに蹴り出す力がうまく働かなくなるので、前に進む力も弱くなります。

 

やっかいなのは、こういった変化が体感しづらいことです。

 

歩き方が悪くなってひざや腰が痛くなることで初めて気づくんですね。



扁平足がひざや腰の痛みの原因になることもあります

扁平足がひざや腰の痛みの原因になることもあります

扁平足になると歩き方が悪くなって、ひざや腰への負担が大きくなります。

 

足の力をうまく地面につたえることができなくなるので、ひざや股関節、腰まわりの筋肉が余計に働かないといけなくなります。

 

その状態が繰り返されていくと、ひざや腰の関節に負担がかかって、痛みが出てきたりします。

 

足はカラダのなかで唯一地面と接する部分です。

 

カラダで起こる力を地面につたえる、とても大切な役割を担っています。

 

扁平足になってその役割が果たせなくなることはカラダに負担がかかってしまうんですね。



扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?【まとめ】

扁平足は歩き方が悪くなるだけじゃなく、ひざや腰の痛みの原因にも!?【まとめ】

 

本記事のまとめ●扁平足は土踏まずがつぶれた状態です
●扁平足では歩き方が悪くなります
●扁平足が原因でひざや腰が痛くなることも

 

扁平足になってしまうと、カラダにいろんな影響が起こってしまいます。

 

なので、扁平足にならないように予防していくことが大切ですね。

 

とくに履き物が大切なので、靴選びや履き方などを気をつけていってくださいね。

【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

2019年8月27日

【靴が足にくっついてくる!?】正しく靴を履くための3つのステップ【歩くのが楽しくなりますよ】

【靴が足にくっついてくる!?】正しく靴を履くための3つのステップ【歩くのが楽しくなりますよ】

2019年8月29日



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です