【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。

【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。

こんにちは、だいじろうです!

 

「扁平足になると足が遅くなる」と聞いたことありませんか?

 

そんなこと聞くと、扁平足の子どもさんがいる方は心配になりますよね。

 

実は扁平足は走る速さだけじゃなく、運動能力にも影響がでます。

 

今回はその「扁平足と運動能力との関係性」について解説していきます。

 

 

【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。

【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。

よく言われているように、扁平足になると足が遅くなってしまうことがあります。

 

足の筋肉をうまく使えなくなるので、運動能力も低下しやすくなります。

 

とはいえ、扁平足の人が全員足が遅かったり、運動能力が低かったりするわけではありません。

 

大切なのは「足の筋肉をうまく働かせる」こと。

 

それぞれのことについて解説していきます。

 

本記事の内容●扁平足になると足が遅くなることがあります
●扁平足では運動能力も低下しやすいです
●足の筋肉をきたえていくと扁平足でも大丈夫です



扁平足になると足が遅くなることがあります

扁平足になると足が遅くなることがあります

結論から言うと、扁平足になると足が遅くなってしまうことがあります。

 

扁平足は土踏まずを支える筋肉がうまく働かなくなっている状態。

 

つまり足の筋肉がうまく働かなくなっている状態です。

 

足の筋肉がうまく働かないということは、地面を蹴る力も弱くなってしまいます。

 

さらに走るときには地面に反発力を伝えていくことが大切なのですが、扁平足になると足が柔らかくなるので、この反発力も使えなくなってしまいます。

 

そういった理由で扁平足になると足が遅くなってしまうということです。

 

 

扁平足では運動能力も低下しやすいです

扁平足では運動能力も低下しやすいです

扁平足では足が遅くなるだけでなく、運動能力も低下しやすくなります。

 

先ほど述べたこと(足の筋肉がうまく働かない/足が柔らかくなる)が原因で、地面に力を伝えにくくなります。

 

地面に力をうまく伝えられなくなるということは、カラダをうまく動かせなくなるということです。

 

また、扁平足になると足が柔らかくなって、足の筋肉がうまく働かなくなるので、足元がグラグラと不安定な状態になります。

 

足元が不安定な状態で動かないといけなくなります。

 

そうなると思うようにカラダを動かせなくなるので、運動能力も低下してしまいます。

 

ただ扁平足だからといってあきらめることはありません!

 

 

足の筋肉をきたえていくと扁平足でも大丈夫です

足の筋肉をきたえていくと扁平足でも大丈夫です

扁平足だとしても足の筋肉をきたえて、うまく働かせていければ問題ありません!

 

扁平足で一番問題となるのは足の筋肉がうまく働かなくなることです。

 

なので、トレーニングなどで足の筋肉をうまく働かせることができるようになれば、扁平足だとしても速く走れるようになりますし、運動能力も高まります。

 

ただ扁平足になると足の筋肉が働きにくくなるのも事実。

 

それを改善させるためにはトレーニングやテーピング、インソールなどを活用していくことが大切です。

 

扁平足が気になる方はぜひ身近な専門家の方に相談してみてくださいね!

 

 

【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。【まとめ】

【足/扁平足】扁平足になると足が遅くなる?扁平足と運動能力の関係性について解説します。【まとめ】
本記事のまとめ●扁平足になると足が遅くなったり運動能力が低くなったりする
●足の筋肉をうまく使えるようになれば扁平足でも大丈夫!
●扁平足が気になる方は専門家に相談しましょう!

 

扁平足はきちんと対応していけば改善が期待できます。

が、専門家の協力が必要になります。

 

扁平足でお困りの方は身近な専門家の方に相談するようにしてください。

 

いどこくらぶでも相談に対応していきます。

公式LINE(無料)で受け付けていますので、気軽にご相談くださいね!

友だち追加



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です