【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!

【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!

こんにちは、だいじろうです!

巻き爪を予防するためには足の指をうまく使えるようにすることが大切だと解説しました。

【フットケア】その巻き爪の原因は足の指がうまく使えていないからです!

【フットケア】その巻き爪の原因は足の指がうまく使えていないからです!

2019年10月3日

関連記事でも書いていますが、巻き爪の予防には靴選びも大切です。

今回は巻き爪の予防に靴選びが大切な理由について解説していきます!
 

【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!

【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!
本記事の内容●サイズが合わない靴を履いていると巻き爪になります
●先の細い靴も巻き爪の原因になります
●足に合った靴選びをして巻き爪を予防しましょう

結論から言うと自分の足に合った靴を選ぶことが大切です。

足に合わない靴を履くことで足の指が使えなくなってしまうからです。

どういった靴が良くないのかを解説していきます。



サイズが合わない靴を履いていると巻き爪になります

サイズが合わない靴を履いていると巻き爪になります

サイズが合わない靴を履いていると巻き爪になってしまいます。

これはサイズが小さすぎても大きすぎてもよくありません。

サイズが小さいと足の指を曲げて靴を履くことになります。

そうなると足の指を動かすスペースがないので、足の指をうまく使えなくなってしまいます。

サイズが大きい靴を履くと、靴のなかで足が前にズレていきます。

足が前にズレると小さい靴を履いているときと同じように足の指を動かすスペースがなくなり、足の指を使えなくなってしまいます。

足の指がうまく使えなくなることで、巻き爪になっていってしまいます。

自分の足のサイズに合わせた靴を選ぶことがとても大切ですね!
 

つま先の細い靴も巻き爪の原因になります

つま先の細い靴も巻き爪の原因になります

同じようにつま先の細いつくりの靴を履くことも巻き爪の原因になります。

とくに女性が履くヒールのある靴などはつま先が細くなっています。

さらにかかと側が高くなっているので、靴のなかで自然と足が前にズレやすくなります。

つまり先ほど書いた小さい靴は履いたときと大きな靴を履いたときに起こることが両方とも起こってしまうんですね。

またつま先が細い靴を履いていると外反母趾(がいはんぼし)になりやすいので、さらに巻き爪になりやすくなります。

女性の方はヒールがあってつま先が細くなっている靴を履く頻度を減らすだけでも良くなるかもしれませんね。
 

足に合った靴選びをして巻き爪を予防しましょう

足に合った靴選びをして巻き爪を予防しましょう

結局は自分の足に合った靴選びをすることが巻き爪の予防には大切です。

【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

2019年8月27日

靴の役割は、足の機能を助けてくれることと足の機能を生かしてくれることです。

その靴が自分の足に合っていないと、足の機能を邪魔してしまい、いろんな影響が出てしまいます。

全部の靴を変えないといけないとは言いませんが、とくによく履く靴だけは自分の足に合った靴を選ぶようにしてみてくださいね!
 

【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!【まとめ】

【フットケア】巻き爪の予防には靴選びも大切です!【まとめ】
本記事のまとめ●サイズの合った靴を選びましょう
●指先が細くなる靴は足によくありません
●自分の足に合った靴選びをしましょう

何度も書きますが、自分の足に合った靴を履くことはとても大切です。

歩くたびにサポートしてくれるものなので、カラダにも良い影響を与えてくれます。

とくによく履く靴だけでもきちんと自分の足に合った靴を選ぶようにしてくださいね!



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です