【注意】足首やひざを固定しているときに松葉杖なしで歩かせる病院は…。

【注意】足首やひざを固定しているときに松葉杖なしで歩かせる病院は…。

こんにちは、だいじろうです!

 

足首やひざをケガしたときに固定したことはありませんか?

 

骨折や捻挫をしたときに病院などで関節を固定されることがあります。

 

傷めている骨や靭帯(じんたい)を治すために必要な処置です。

 

足首であればギプスやシーネといったもので固定し、ひざであればニーブレイスという装具で固定します。

 

そのとき、松葉杖を処方するところと処方しないところがあります。

 

みなさんやご家族が経験されたときはどうでしたか?

 

今回は、その「足首やひざを固定しているときに松葉杖なしで歩かせること」について解説していきます。



【注意】足首やひざを固定しているときに松葉杖なしで歩かせる病院は…。

【注意】足首やひざを固定しているときに松葉杖なしで歩かせる病院は…。

結論から言えば、足首やひざを固定しているのに松葉杖を処方してくれない病院はあまりオススメできません。

 

その理由について解説していきます!

 

本記事の内容●足首やひざを固定すると他の関節に無理な動きが強いられます
●松葉杖をついて間違った動きを覚えないようにすることが大切です
●もし足首やひざを固定したときには松葉杖のことを聞いてみましょう



足首やひざを固定すると他の関節に無理な動きが強いられます

足首やひざを固定すると他の関節に無理な動きが強いられます

当たり前ですが、歩くときは足首やひざが動きます。

 

足で言えば、かかとから地面について、つま先で地面を蹴るという動きが起こります。

 

それに合わせてひざは曲げ伸ばしされます。

 

足首やひざの関節が固定されると、他の関節が余計に動かないといけない状況になります。

 

余計な動きが強いられることがなぜ悪いかというと、固定が外れて足首やひざを動かしていい時期になったときに、他の関節を使った動き方をカラダが覚えてしまって、足首やひざの動きが出にくくなるんです。

 

1~2週間程度の固定でもカラダにはその動きが染み付いちゃうんですね。

 

その他にも無理な動きが強いられることも多くあります。

 

関節に無理な動きが強いられてしまうと、靭帯などに負担がかかり、関節がゆるくなってしまったりします。

 

もちろん痛みを生じたりするほどのゆるみではありませんが、気づかない程度のゆるみだから逆にやっかいなんです。

 

それがきっかけで動き方が悪くなったり、将来的に他のケガにつながったりもします。

 

松葉杖を使うと両手がふさがって困る!という方もいらっしゃいますが、1~2週間はリュックなどを使うようにしてください。

 

ケガをしているので、おカラダのことを最優先にしてもらいたいです。



松葉杖をついて間違った動きを覚えないようにすることが大切です

松葉杖をついて間違った動きを覚えないようにすることが大切です

足首やひざを固定しているときに松葉杖を使わずに歩いてしまうとカラダに良くないということを書きました。

 

もちろんその後のリハビリで改善する部分もありますが、必要以上に時間を要することになってしまいます。

 

そうならないためにも松葉杖をしっかりと使っていくことがオススメです。

 

平らなところだと問題ありませんが、坂道や階段などでは松葉杖を使うのも難しいですよね?

 

実は、それは病院が解決できる(解決すべき)問題なんです!

 

医療従事者は松葉杖の使い方をしっかりと習っていますし、生活のなかで困らないように指導するのも医療従事者の役割です。

 

私も病院で勤務しているころは、その患者さんが松葉杖を自由に使えるようになるために、平地はもちろんですが、坂道や階段での練習もしっかりやるようにしていました。

 

残念ながら「松葉杖を使いなさい」で終わってしまう病院も多いと思います。

 

それだけじゃ患者さんは松葉杖をうまく使えず、困ります。

 

そして、その患者さんからの意見を聞いて松葉杖の処方をしなくなる。

 

そういう悪循環になってるのかなと思います。

 

実際に松葉杖を処方されなかった患者さんもみたことはありますが、やはり経過はよくありませんでした。

 

なので、松葉杖をついて間違った動きを覚えないようにすることがとても大切だと思います!



もし足首やひざを固定したときには松葉杖のことを聞いてみましょう

もし足首やひざを固定したときには松葉杖のことを聞いてみましょう

もしケガをして足首やひざを固定しないといけない状況になったときには、松葉杖を処方してもらうようにお願いしてください。

 

そして、生活のなかで困らないように松葉杖の使い方をしっかりと教えてもらってください。

 

そうすることで間違った動きを覚えることもないので、必要以上にリハビリに時間やお金を使わずに済むようになります。

 

どうしても遠慮してお医者さんに意見できないかもしれません。

 

ですが、ご自身のカラダを守ることが一番大事なので、しっかりとお願いするようにしてくださいね!

 

もし病院や治療院での対応に疑問や気になる点があれば、いどこくらぶ公式LINEでお答えできる範囲で対応していきます。

友だち追加

ぜひご登録ください!



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です