【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。

【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。

こんにちは、だいじろうです!

 

ここ2~3年、「コミュニティ」という言葉が注目されているかと思います。

 

実際に私もその言葉を意識し始めたのは最近の話です。

 

先日、Voicyでキングコング西野亮廣さんがコミュニティについて話されていました。

>> これから間違いなく大きくなる『コミュニティ』の力

 

そういったことを踏まえて、私なりに「これからのコミュニティ」について考えをまとめていきたいと思います。

 

【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。

【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。

コミュニティについて語っていく上で、まず「コミュニティって何なの?」ということについて解説していきます。

 

そしてコミュニティがどう変化していっているのか、これからどう変化していくのかについて考えていきたいと思います。

 

本記事の内容●コミュニティってそもそも何なの?
●インターネットによるコミュニティの変化
●これからのコミュニティを考える

 

コミュニティってそもそも何なの?

コミュニティってそもそも何なの?

コミュニティの定義について簡単に調べてみました。

 

一定の地域のうえに展開される自生的な共同生活
ーマッキーバー(コロンビアの名誉教授/理論社会学者)

 

メンバーがお互いの存在に価値を感じ自分の貢献がほかの参加者にプラスに波及すると信じられる状態
ーマクミラン&チャビス(心理学者)

 

意思疎通、貢献意欲の要素を含む非公式組織
ーバーナード(経営学者)

 

小難しい言葉が並んでますね…

 

分かりやすくまとまっている書籍はこちらで紹介しています!

【書籍紹介】WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.

【書籍紹介】WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.

2019年11月18日

いろいろな解釈があるかと思いますが、基本的には人と人との関係性の上で成り立つものだと言えます。

 

家庭や職場、サークルなどはもちろんですが、誰かと一緒にいるとき、そこにはコミュニティが生まれていると考えていいかと思います。

 

なので、二人でもコミュニティだと捉えられます。

 

そのコミュニティがインターネットの普及によって変化していっており、私たちはその変化に対応していっている途中で困惑しているのが現状です。

 

インターネットによるコミュニティの変化

インターネットによるコミュニティの変化

インターネットが普及したことで、コミュニティのカタチもどんどん変化していってると言われています。

 

インターネットがなかった時代は情報収集はテレビや新聞、書籍、口コミなどしかなかったですよね?

 

情報をそれほどたくさん集めることができない時代だったんです。

 

情報が集まらないということは、外の世界を知ることがないので、自分のいるコミュニティが基準になります。

 

ですが、インターネットが普及し、多くの情報に触れられるようになりました。

 

SNSによって日本中の人がどんな生活をしているのか、どんな働き方をしているのか、どんな趣味を楽しんでいるのかを知れるようになりました。

 

よく「隣の芝生は青い」と言いますよね?

 

これまで見えていなかった「隣の芝生」がインターネットが普及してきたことで見えるようになったんですね。

 

そうなると、いろんなコミュニティについて知ることになるので、自分のいるコミュニティの良いところ、悪いところが分かるようになってきます。

 

人はどうしても悪いところに目が行きがちなので、だんだんと自分のいるコミュニティの悪いところばかりに目が行くようになります。

 

その結果、学校や職場への不平・不満が出てきてしまう。

 

もちろん法律的・倫理的に悪いこともあるので、そこに対して問題視することは大切だと思います。

 

ですが、必要以上に自分のコミュニティへの不満が募ってきているのが現状かと思います。

 

では、これからのコミュニティはどうあるべきなのでしょうか?

 

これからのコミュニティを考える

これからのコミュニティを考える

インターネットの普及によって、自分のいるコミュニティだけでは満たされなくなっているのが現状です。

 

その改善策としてよく勧められているのが「複数のコミュニティに属すること」です。

 

これまでは自分のいるコミュニティで自分の思いが満たされていないことに気づいていない状況でした。

 

ですが、インターネットが普及し、いろいろな情報に触れられるようになったことで、「あれ?オレ、こういうのもやりたい!」「私、こんなことしていきたいのに!」という感じで、私たちは自分の思いが満たされていないことに気づき始めました。

 

多くの人が「複数のコミュニティに属すること」に慣れていないので、自分のいるコミュニティですべてを満たそうとしてしまいます。

 

ですが、コミュニティはあるビジョンの下に人が集っているもの。

 

そこでなんでもかんでも満たそうとするのはとても難しいんですね。

 

なので、自分のいるコミュニティですべてを満たそうとするのでなく、いろいろなコミュニティに属して、自分の思いを満たしていくことが大切です。

 

そうすることで、私たちの安心・安全が保たれるようになるんだと思います。

 

【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。【まとめ】

【思いのままに】これからのコミュニティの在り方を考える。【まとめ】

 

いかがだったでしょうか?

 

西野さんがおっしゃっているように、これからの時代で私たちが安心・安全に暮らしていくためには、複数のコミュニティに属して自己実現をしていくことが大切だと思います。

 

最近では、オンラインサロンなどが良い例ですね。

 

普段の生活のなかで「なんか満たされてないなぁ」という方はぜひコミュニティというものについて見直してみてください。

 

きっと楽になると思います!

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です