【完全公開】『整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?』という疑問にお答えします!

【完全公開】『整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?』という疑問にお答えします!

こんにちは、だいじろうです!

 

怪我の種類には、きっかけがはっきりしていて、急に痛くなる「外傷」と、きっかけがはっきりせず、だんだんと痛くなる「障害」との2種類があることをお伝えしました。

【解説】怪我の種類は大きく「外傷」と「障害」とに分けられます!

【解説】怪我の種類は大きく「外傷」と「障害」とに分けられます!

2019年8月18日

 

怪我をしたら、どこで治療しようかと考えると思うのですが、みなさんはどうやって決められてますか?

 

たぶんGoogle先生に聞くと思うのですが、Google先生は整形外科や整骨院、整体院を勧めてくれますよね?

 

「で、どこに行けばいいの?」ってなると思います。

 

今回は、そういった疑問に専門家として正直にお答えしていきます!



整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?

整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?

そもそも整形外科、整骨院、整体院って名前が似過ぎてて、ややこしいですよね…

 

違いもわかりにくいし、整形外科にいったら「整骨院や整体院はやめときなさい」って言われるし、整骨院に行ったら「整形外科じゃリハビリしてもらえないからね」と言われますよね。

 

利用する人たちに違いが伝わっていないっていうのは問題だと思います。

 

なので、今回は、まず「整形外科」「整骨院」「整体院」の違いを解説していきます。

 

その後、どんな怪我のときにどこに行けばいいのかをお伝えしていきますね!

 

本記事の内容●整形外科と整骨院は保険が適応!整体院は自費です!
●外傷のときはまず整形外科へ!
●障害のときは整形外科、整骨院、整体院どこでもOK。



整形外科と整骨院は保険が適応!整体院は自費です!

整形外科と整骨院は保険が適応!整体院は自費です!

これはご存知だと思いますが、整形外科と整骨院は保険が適応します!

 

しかし、整体院は保険適応ではなく、自費での治療になります。

 

整形外科は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの医療専門職が働いていて、基本的にはすべてが保険診療となります。

 

整骨院は、柔道整復師という国家資格をもった方が経営していて、すべてではありませんが保険で治療することが可能です。

 

整体院は、いろいろな資格の方が経営されていると思います。

 

最近では理学療法士も整体院を開くことも多いですね。

 

理学療法士には開業権がないのですが、正確には「医師の指示のもとでしか保険診療ができない」ということです。

 

なので、理学療法士がやっている整体院も保険は使えません。

 

みなさん的にはやっぱり保険がきくところに行きたいですよね?

 

ここで小難しいかもしれませんが、医療制度上の裏話をしますね。

 

あまり知られていないのですが、実は保険がきくのは原則として「外傷」と「なにかのきっかけで痛みが強くなった障害」だけなんです。

 

これは整形外科も整骨院も同じです。

 

申し訳ないのですが、今の医療制度では「痛い」というだけではリハビリできないんです。

 

整形外科で湿布やお薬だけでリハビリしてもらえないときがあると思うんですが、それは(制度的に)リハビリの適応じゃないからなんです…

 

そして、整骨院に行ったら、「整形外科ではリハビリしてもらえないもんね~。ウチでは保険使えますよ!」と言われることがある思います。

 

が、本当はこれダメなんです…

 

批判を恐れずに言いますが、こういう整骨院には行かない方がいいです!

 

なぜなら、自費(高価)だと来てもらえないから保険(安価)で来てもらえるようにしてるからです。

 

もちろん制度に基づいて診療されている整骨院もあります。

 

そういった整骨院では「申し訳ありませんが、この場合はウチでも保険は使えません」と正直に伝えてくれます。

 

こういう整骨院はオススメです!

 

整形外科や整骨院の正しい選び方についてはまた別の記事で解説していきますね!



外傷のときはまず整形外科へ!

外傷のときはまず整形外科へ!

きっかけがはっきりしていて、急に痛くなった場合は、まず整形外科へ行かれることをオススメします。

 

外傷の場合は整骨院でも保険適応になるのですが、ちゃんとした整骨院では「骨や靭帯に異常がないかどうか確認したほうがいいので、一旦整形外科で診てもらってきてください」と紹介状を出されることあります。

 

そうなると二度手間になるので、外傷の場合はとりあえず整形外科へ行って、きちんと診断してもらいましょう!

 

その後のリハビリは引き続き整形外科でも、近くの整骨院でも、整体院でも構いません。

 

が、整骨院や整体院に行かれる場合は、きちんと医療機関と連携してくれるところに行ってください。

 

くれぐれも「もう病院には行かなくていいよ」と言うところだけはやめてくださいね。



障害のときは整形外科、整骨院、整体院どこでもOK。

障害のときは整形外科、整骨院、整体院どこでもOK。

きっかけがはっきりせず、だんだんと痛くなった場合には、整形外科、整骨院、整体院どこでも良いかと思います。

 

ただ先ほども書いたように、整形外科ではリハビリをしてもらえないこともあるので、その場合は自費でやってくれる整骨院か整体院に行ってください。

 

何度も言いますが「ウチでは保険でできるよ~」と言う整骨院だけは避けてください。

 

手っ取り早い見分け方として「ちゃんとした整骨院」のホームページに「症状によっては保険適応にはならず、自費での治療となることがありますので、ご理解ください」と記載されてあります。

 

そして「やめた方がいい整骨院」のホームページには「病院に行っても注射や内服だけじゃ良くなりません。当院では適切な治療を提供します」的な文言が書いてあるので、確認してみてくださいね。



整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?【まとめ】

整形外科、整骨院、整体院、怪我をしたとき、どこに行けばいいの?【まとめ】

 

本記事のまとめ●整形外科や整骨院は保険がききます!
●外傷の場合はまず整形外科へ行くことをオススメします。
●その後のリハビリは整形外科・整骨院・整体院どこでもOK!自分に合うところを探しましょう。
●一部の整骨院にはオススメできないところがあります…

 

整形外科、整骨院、整体院の違いについて、専門職としての意見を書かせていただきました。

 

もちろん医療従事者はみなさんのことを良くしたいと思ってます!

 

しかし、医療制度や経営上の問題で、正しくないことをやってしまっているところがあるのも事実です…

 

なので、患者として利用するかもしれないみなさんにも正しい選択ができるように裏話を書きました。

 

怪我をされたときには、ぜひ参考になさってください。



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です