【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~

【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~

こんにちは、だいじろう(@idoco_daijiro)です!

 

多くの方の足の裏にタコか魚の目があるのではないでしょうか?

 

それ自体が痛みを出すことは多くないので、あまり気にならないかと思いますが、痛みを出してしまうと歩き方や動き方にも影響します。

 

高齢の方であれば、タコや魚の目が日常の活動量に影響することも少なくありません。

 

今回は意外とカラダへの影響がある「タコや魚の目」について解説していきます。

 

【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~

【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~

タコや魚の目は痛みが無ければあまり気にならないことが多いかと思います。

 

ですが、ひどくなると痛みが出てしまったり、ひざや腰に負担がかかります。

 

そうならないようにするためにもタコや魚の目について詳しくなりましょう!

 

本記事の内容▶タコや魚の目ってどんなの?
▶なんでタコや魚の目ができるの?
▶タコや魚の目を改善させるにはどうしたらいいの?

 

タコや魚の目ってどんなの?

タコや魚の目ってどんなの?

タコや魚の目は、足がうまく使えなくなることで足の裏の一部に体重がかかり過ぎたり、靴が合わなくて足の一部に当たり過ぎたりすることで、皮膚が硬くなって起こってきます。

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

2019年10月21日

 

タコや魚の目の多くがとくに症状はありませんが、ひどくなると痛みがでてしまいます。

【足/タコ・魚の目】タコと魚の目の違いって何?どんな症状がでるの?

【足/タコ・魚の目】タコと魚の目の違いって何?どんな症状がでるの?

2019年10月22日

痛みが出ることで、歩き方や動き方に影響が出て、ひざや腰に負担がかかることもあります。

 

また、高齢の方だとその痛みが原因で歩く量・動く量が減ってしまうこともあります。

 

タコや魚の目もひどくなると、カラダに良いことはありませんので、できないことに越したことはないですね。

 

じゃあ、なんでタコや魚の目ができてしまうんでしょうか?

 

なんでタコや魚の目ができるの?

なんでタコや魚の目ができるの?

先ほども書いたように、タコや魚の目ができるのは、足がうまく使えなかったり、靴が合ってなかったりすることが原因です。

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目、どこにできていますか?

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目、どこにできていますか?

2019年11月21日
【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

【永久保存版】自分に合った靴を選ぶ4つのポイント【足マニアの理学療法士が解説します】

2019年8月27日

足がうまく使えなくなると、足の裏の一部分に体重がかかり過ぎてしまい、タコや魚の目ができてしまいます。

 

そのタコや魚の目が痛みを出してしまうと、そこに体重をかけないようにかばってしまい、歩き方や動き方が悪くなってしまいます。

 

そして、また別の場所にタコや魚の目ができてしまうことも。

 

正しく足が使えるということはタコや魚の目を予防する上で、とても大切ですね!

 

タコや魚の目を改善させるにはどうしたらいいの?

タコや魚の目を改善させるにはどうしたらいいの?

じゃあ、実際にタコや魚の目ができてしまったらどうしたらいいの?

 

カミソリで削ったりされる方も多いかと思いますが、それは一時的に痛みを和らげることにしかなりません。

 

足に傷ができて、バイ菌が入ってしまったりするリスクもあるので、オススメできません。

 

タコや魚の目を改善させるには足をうまく使えるようにすることが大切です。

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目を治すためには足をうまく使えるようにしましょう!

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目を治すためには足をうまく使えるようにしましょう!

2019年11月24日

 

とくに足先に体重がかかるときに、指先や小指側に体重がかかり過ぎるのはよくありません。

 

つま先立ちのエクササイズで親指の付け根にしっかりと体重をかけれるようになることも大切です!

【足首・ふくらはぎ/エクササイズ】つま先立ちエクササイズでふくらはぎにくびれを作ろう!【まとめ】

【足首・ふくらはぎ/エクササイズ】つま先立ちエクササイズでふくらはぎにくびれを作ろう!

2019年10月13日

 

【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~【まとめ】

【足/タコ・魚の目】タコ・魚の目ガイドブック~タコや魚の目で痛みが出ないようにしよう~【まとめ】

 

本記事のまとめ▶一部分に体重がかかり、皮膚が硬くなるとタコや魚の目ができる
▶タコや魚の目がひどくなると痛みが出て、歩き方や動き方が悪くなる
▶タコや魚の目を改善させるために、足の使い方や履き物に気をつける

 

いかがだったでしょうか?

 

とくに痛みがなければ、タコや魚の目はあまり気にならないかと思います。

 

ですが、ちょっとしたことで痛くなったり、それをかばってひざや腰に負担がかかることもあります。

 

ぜひタコや魚の目がひどくならないように日頃からケアをするようにしてみてくださいね!

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です