【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

こんにちは、だいじろうです!

 

足の裏の「タコ」「魚の目」でお困りではありませんか?

 

タコや魚の目はその部分の皮膚が硬くなってできるものです。

 

医学的にはタコは「胼胝(べんち)」、魚の目は「鶏眼(けいがん)」などと呼ばれます。

 

タコや魚の目はひどくならないと痛みを出しません。

 

ですが、これらは足の働きが悪くなっていることを教えてくれる重要なサインなんです。

 

 

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!

タコや魚の目は足の働きが悪くなっていることを教えてくれるサインです。

 

足の働きが悪くなって、ひざや腰にも負担がかかってきますので、足のケアをするようにしましょう。

 

本記事の内容●足の一部に体重がかかり過ぎると皮膚が硬くなりタコや魚の目ができます
●タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです
●痛みや不調につながらないように足をケアをすることが大切です




足の一部に体重がかかり過ぎると皮膚が硬くなりタコや魚の目ができます

足の一部に体重がかかり過ぎると皮膚が硬くなりタコや魚の目ができます

足の一部に体重がかかり過ぎると、その部分を守ろうとして皮膚が硬くなります。

 

皮膚が硬くなっていくと、タコや魚の目ができてしまいます。

 

タコや魚の目はほとんどが痛くありませんが、ひどくなると痛みを出すこともあります。

 

ひどくならないようにするためにも足の一部に体重がかかり過ぎないようにすることが大切です。

 

足の一部に体重がかかり過ぎてしまうのは足の働きが悪くなっているからです。

 

つまりタコや魚の目は足の働きが悪くなっていることが原因で起こります。

 

 

タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです

タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです

タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインとなります。

 

わたしたちセラピストは足の裏にタコや魚の目があったら、そこに体重がかかり過ぎてしまうような姿勢や動きをしていると予測します。

 

足の働きが悪くなっているので、偏った姿勢や動きになり、タコや魚の目ができてしまいます。

 

偏った姿勢や動きが続くとひざや腰などに負担がかかり、痛みや不調につながってしまいます。

 

痛みや不調を予防するためにも足の働きを良くすることが大切です!

 

 

痛みや不調につながらないように足をケアをすることが大切です

痛みや不調につながらないように足をケアをすることが大切です

タコや魚の目がある方はそれ自体に痛みがなかったとしても、足の働きは悪くなっているのでケアをして痛みや不調を予防することが大切です。

 

多くの方はタコや魚の目があってもとくに気にしないと思います。

 

痛みがでないと気にならないのは仕方のないことです。

 

ですが、タコや魚の目がひどくなると痛みがでてきますし、ひどくならなくてもひざや腰などに負担がかかります。

 

そういった症状を予防するためにもタコや魚の目がある方は足をケアしていくことをおすすめします!

 

 

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!【まとめ】

【足/タコ・魚の目】タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです!【まとめ】

 

本記事のまとめ●タコや魚の目は足の働きが悪くなっているサインです
●足のケアをして痛みや不調を予防しましょう!

 

とくに痛みも出ていないと気にならない「タコ」「魚の目」

 

実はカラダにとっては重要なサインだったりします。

 

タコや魚の目がある方は痛みがなくても足のケアをするようにしてくださいね!




シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です