【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!

【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!

こんにちは、だいじろうです!

 

今回は『アウフバウトレーニングⅡ』について解説していきます。

 

アウフバウトレーニングはリハビリでもよく用いられるもので、脚の筋肉をきたえるのに効果的です。

 

とくにケガして間もない時期や痛みが強い時期には、体重をかけずにできるアウフバウトレーニングがオススメです!

 

アウフバウトレーニングⅡは横向きで行なうエクササイズで、体重がかかったときに骨盤を安定させてくれる筋肉がきたえられます。

 

【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!

【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!

 

<アウフバウトレーニングⅡ>

具体的に『アウフバウトレーニングⅡ』について解説していきます。

 

本記事の内容●アウフバウトレーニングⅡはこんな方にオススメ!
●アウフバウトレーニングⅡのやり方
●アウフバウトレーニングⅡの効果と注意点

アウフバウトレーニングⅡはこんな方にオススメ!

アウフバウトレーニングⅡはこんな方にオススメ!

アウフバウトレーニングⅡは横向きに寝て脚を上げ下げするエクササイズで、股関節の横の筋肉がきたえられます。

 

骨盤を安定させるためにとても大切な役割をもっているので、リハビリやトレーニングのなかでもよく用いられるエクササイズです。

 

とくに次のような方にオススメです!

●足腰をきたえたい方
●歩いているときのフラつきを改善したい方
●ケガして間もない方
●痛みが強くて体重をかけれない方

 

アウフバウトレーニングⅡのやり方

アウフバウトレーニングⅡのやり方

アウフバウトレーニングⅡの具体的なやり方について解説していきます。

 

横向きに寝て、下のひざを曲げます

アウフバウトレーニングⅡは横向きでやります。

 

横向きだと不安定になりやすいので、下のひざを曲げてグラグラしないようにしてください。

 

上のひざを伸ばし、かかと側を上げるようにして、脚を上げ下げします

上のひざを伸ばして、かかと側を上げるようにして、脚を上げ下げします。

 

つま先側が上がってしまうと、太ももの前の筋肉がきたえられてしまうので、かかと側を上げるようにします。

 

上げ下げしている間にきつくなってくるとつま先側が上がりやすくなるので、注意してください。

 

脚が前にきて、カラダが「く」の字にならないようにします

脚を大きく上げ過ぎたりすると、脚が前の方に上がってしまい、カラダが「く」の字になってしまいます。

 

「く」の字になるとまた違う筋肉がきたえられるので、上半身と脚を一直線に保ったまま、上げ下げするようにしてください。

 

 

左右交互に20回を3セットずつやりましょう!

 

私の経験上ですが、20回を普通にできるようになった人は痛みや不調が改善されます。

 

単純な運動ですが、正しくやるには体幹や脚の関節・筋肉をうまく使う必要があるからですね。

 

大切なエクササイズなので、ぜひやってみてくださいね!

 

アウフバウトレーニングⅡの効果と注意点

アウフバウトレーニングⅡの効果と注意点

アウフバウトレーニングⅡは骨盤を安定させてくれる筋肉をきたえるエクササイズです。

 

先ほども書いたように、つま先が上を向いたしまったり、カラダが「く」の字になってしまうと、目的とする筋肉がきたえられません。

 

細かいところになりますが、かかと側を上げて、カラダを一直線にしてやるようにしてくださいね!

 

股関節の筋肉が弱い方は腰の筋肉を使ってやってしまい、腰が痛くなったりすることもあります。

 

その場合は回数やセット数を減らしてやってみてくださいね。

 

【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!【まとめ】

【股関節・太もも/エクササイズ】アウフバウトレーニングⅡで骨盤を安定させよう!【まとめ】

 

<アウフバウトレーニングⅡ>

 

今回は骨盤を安定させてくれるアウフバウトレーニングⅡを紹介していきました。

 

体重がかかったときに骨盤を安定させてくれるので、関節の痛みや不調を予防・改善するためにとても効果的なエクササイズです。

 

ぜひスキマ時間などを利用してやってみてくださいね!

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です