【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します

【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します

こんにちは、だいじろうです!

 

これまで足首をひねった経験はありますか?

 

すべてのケガのなかでも足首のケガはかなり多いケガの一つです。

 

なので、足首をひねらないように予防していくことがとても大切です。

 

その方法を知ってもらうために、今回は「足首をひねる原因とその予防方法」について解説していきます。

 

【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します

【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します

足首をひねるということは足首に無理な動きが強いられたことで起こります。

 

その原因は自分ひとりでケガする非接触型と、人とぶつかったりしたことがきっかけで怪我する接触型とに分けられます。

 

それぞれの原因とその予防について解説していきます。

 

本記事の内容●方向転換や着地のときに足首をひねります
●人とぶつかって足首をひねることもあります
●足首をひねらないようにするには足首をきたえることが大切です

 

方向転換や着地のときに足首をひねります

方向転換や着地のときに足首をひねります

方向転換や着地のときに足首をひねる人が多いです。

 

方向転換のときは、足が残ったまま、上半身だけが先に方向転換して移動してしまうことで、足首に無理な動きが強いられてしまいます。

 

サッカーやバスケ、テニスなどではこういった捻挫が多いかと思います。

 

また、着地のときにひねることも多いです。

 

着地のときには、足の姿勢に注意がいかなくなってしまい、足の外側から地面についてしまいます。

 

そうすることで、足首が内側にグリッと大きくひねられてしまいます。

 

これは真上にジャンプするというより、走りながらジャンプして流れて着地するときに多いです。

 

これもサッカーやバスケでよくみられ、バレーや陸上の跳躍競技でも多いです。

 

方向転換や着地のときにひねるのは自分ひとりでひねるので非接触型と言われます。

 

非接触型の捻挫は足首を内側にひねる、いわゆる内反捻挫(内反捻挫)が多くなります。

 

この場合、足首の外側のじん帯を伸ばしてしまうことが多いのですが、適切な治療を行えば、比較的早く復帰することができます。

 

そのほかにも人とぶつかって足首をひねってしまう接触型の捻挫もあります。

 

人とぶつかって足首をひねることもあります

人とぶつかって足首をひねることもあります

人とぶつかって足首をひねることも少なくありません。

 

練習や試合で走ったりジャンプしたりしているときに急に人とぶつかってバランスを崩すことがありますよね?

 

そのとき、倒れてしまったら大きなケガは起こりにくいのですが、無理に着地しようとすると足首やひざをひねることがあります。

 

そのほかにもジャンプして着地したときに人の足を踏んだりして捻挫することもあります。

 

スラムダンクの海南戦で赤木キャプテンがやったケガですねw

 

めちゃくちゃ腫れてましたよね?

 

こうやってケガしたときは単純な足首の捻挫だけでなく、いくつかのじん帯を傷めたり、骨を傷めたりすることが多いです。

 

自分一人でケガしたときよりもひどいケガになりやすいです。

 

では、こういったケガを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

足首をひねらないようにするには足首をきたえることが大切です

足首をひねらないようにするには足首をきたえることが大切です

足首をひねらないようにするためには、足首をきたえることが大切です。

 

足首はつま先が下に向けたときが不安定になります。

 

足首をひねらないようにするためには、つま先を下に向けた状態で安定させることが大切です。

 

そのためにはこのエクササイズをやってください。

【足首・ふくらはぎ/エクササイズ】つま先立ちエクササイズでふくらはぎにくびれを作ろう!【まとめ】

【足首・ふくらはぎ/エクササイズ】つま先立ちエクササイズでふくらはぎにくびれを作ろう!

2019年10月13日

 

このエクササイズではふくらはぎの筋肉がきたえられます。

 

ふくらはぎの筋肉をきたえることで足首が安定するので、ひねりにくくなります。

 

もしひねったとしても、それからの復帰もスムーズになったりもします。

 

足首をひねらないようにするために、ぜひやってみてくださいね。

 

【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します【まとめ】

【足首/捻挫】足首をひねる原因とその予防について理学療法士が解説します【まとめ】

 

本記事のまとめ●方向転換や着地のときに足首をひねる
●人とぶつかって足首をひねる
●足首をひねらないようにするには足首きたえることが大切

 

足首の捻挫はケガのなかでもかなり多いケガです。

 

ぜひこの記事を参考にして、足首をひねらないようにしてくださいね!

 

そして、もしひねった場合は整形外科や整骨院で診てもらって、しっかりと治療するようにしてください。

【足首/捻挫】足首をひねったとき、整形外科と整骨院、どっちに行けばいいの?

【足首/捻挫】足首をひねったとき、整形外科と整骨院、どっちに行けばいいの?

2019年11月17日

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です